ビタミンCと美白効果の関係

美白化粧品の多くに含まれているビタミンCにはいったいどのような美白効果があるのでしょうか?
ビタミンCが持つ美白効果は実はとても多いんです。
まず一つ目はメラニン色素の生成を抑制するという作用です。
つまり、しみをできにくくするという予防的な美白効果があります。
出来てしまったシミを薄くすることができるという美白効果も実はビタミンCにはあります。
これはメラニン色素を還元して細胞を活性化するという作用で、通常では消すことが出来ない細胞内のメラニン色素を還元してしまうという効果を持っています。
イメージとしては、ストレートティーにレモンを絞ると少し紅茶の色合いが薄くなるというものです。
紅茶の中に含まれている色素がレモンのビタミンCによって還元されるために色が薄くなるのと同じ要領になります。
ビタミンCには活性酸素の発生を抑えるという作用もありますが、メラニン色素が作られる過程で生まれる活性酸素を抑制してくれますので、メラニン色素の生成を抑えるという効果を持っているんです。
シミをできにくくし、できてしまったシミを薄くするという作用を持っているんです。